ペットロス症候群にならないため

近年では、大切なペットを失った悲しみや苦しみからペットロス症候群となり、重症化するとうつ病になるケースも増えてきています。そうならないためにも、事前にペットロスの対策を取ることが大切です。

ペットロスになりやすい人の特徴

シニア世代

超高齢社会の現代では、子供が成長して家を出ていき、高齢者のみで生活をしているご家庭も多いです。そのため、ペットに対して子供や孫以上に愛情を注いでいる方もいらっしゃいます。その場合、ペットを失った時の喪失感は非常に大きく、精神バランスを崩してしまう可能性が高まります。

人間関係が上手く築けない方

自分の胸に秘めている思いや感情を誰かに相談できない方は、寂しさや孤独から解放して癒しをもたらしてくれるペットに深い愛情を注いでいる場合も多いです。そんな時に心のよりどころであるペットを失ってしまうと、心にぽっかりと穴があいたような心境となりペットロスの症状を引き起こしてしまうのです。

このように、ペットへの依存度が高い人ほどペットロスになる可能性が高いと言えます。また、予期せぬ事故により突然の別れが訪れた時にも、その大きなショックが引き金となるケースも考えられます。

ペットロスを予防する

寿命が短いことを再認識する

ペットの寿命は決して長くはありませんので、一緒に暮らすのでしたら「別れの時」は必ず訪れるものです。幸せなペットライフを過ごしていると、いつまでも一緒にいる錯覚が生まれやすくなりますが、ペットは自分よりも先に天国へ旅立つ存在であると改めて認識し、心の準備をしておく必要があります。

ペット仲間を作っておく

ペット愛好家の友人を作っておくこともペットロスを防ぐ方法の一つです。ペット愛好家の友人は、すでにペットとの悲しい別れを経験された方も多いですし、これから経験する方もいらっしゃいます。そんな仲間と共に悲しみを分かち合い、お互い励まし合うことで悲しい気持ちも緩和できます。

ペット火葬・葬儀をしっかりと行う

大切なペットを天国へ見送る儀式としてペット火葬や葬儀を行うことにより、「最期まできちんと面倒を見た」「しっかりと供養できた」という思いから、ペットロスの原因である後悔や自責の念などを軽減できる場合もあります。ペット火葬や葬儀で最期に想いを届けることで、気持ちの区切りをつけやすくなります。

東京都大田区にある弊社でも、リーズナブルな料金で365日24時間ペット火葬や葬儀を承っております。移動火葬車も葬儀車と気付かれないように社名やロゴは入れておりませんし、無臭・無煙・ダイオキシンを発生しない構造となっているのでご近所様への配慮も考えて火葬を行います。

大田区・世田谷区を始めとする東京23区や神奈川県・千葉県・埼玉県の一部のエリアは出張費無料で対応致します。

ペット火葬の歴史

ペットに対する想いが変わってきた近年では、ペット火葬が一般的になりつつあります。しかし、数年前までは土葬が当たり前でペット火葬はそれほど知られていませんでした。

そこでこちらでは、ペット火葬の歴史についてご紹介します。

ペット葬儀の始まり

一般の方が飼っている犬猫などの葬儀や火葬を寺院が引き受けるようになったのは、昭和20年前半に東京の寺院系動物霊園で導入したことから始まったと言われています。その後、徐々に全国各地に動物霊園や動物葬儀社の事業が展開していきました。しかし、その当時はまだペット火葬はそれほど知られていませんでした。

ペットブームの到来

平成に入り「ペットブーム」が到来したことにより、ペットに対する考え方が変化を遂げました。実用に供する目的で飼育されていた使役動物ではなく、愛でることが目的の愛玩動物として飼育されるようになったのです。また、より密接な関係性である伴侶動物と呼んでいる方もいらっしゃいます。それほど、人間とペットの関係は深い絆で結ばれるようになってきたのです。

このような背景により、家族同然のペットを人間と同じように葬送したいという飼い主様が増えてきました。そのため、土葬から火葬中心の葬儀へと変化してきたのです。

これからのペット火葬

ペット火葬が一般化してきた近年ですが、通常の動物霊園ですと、煙や臭いにより近隣住民とトラブルになるケースも多発しました。また、近隣住民の心情的にも近くで毎日のようにペットの火葬や葬儀が行われていることに対して良いイメージを抱かない方もいます。

そんなトラブルを回避するために移動火葬車による葬儀サービスが誕生したのです。

弊社でも、大切な家族の一員だったペットを天国へとお見送りするための移動火葬車によるサービスを24時間承っております。

弊社の移動火葬車は、無臭・無煙・ダイオキシンを発生させない造りとなっており、近隣住民の方に負担を掛けない場所で火葬を行いますのでご安心下さい。大田区・世田谷区をはじめとする東京23区はもちろん、その近県エリアも出張費用無料もしくは格安料金で対応させて頂きます。

理想のペット葬儀を行うために

もしもの時は、いつ訪れるのか誰にも分からないものです。その時のために、生前から備えておくことは大切です。不謹慎だと思われるかもしれませんが、事前の心構えはペットにとっても飼い主様にとっても決してマイナスにはなりません。

家族間での話し合い

ペットの葬儀に対する考えを、ご家族みんなとよく話し合っておきましょう。せっかくのセレモニーも、一人一人の意見が割れてしまえば台無しです。

ペットにとってベストな別れ方とはどのようなものか?どのような火葬方法が良いのか?など、一人一人の考えを明確にしながら家族会議を重ねることにより、全員が納得できるペット葬儀が実現します。

話し合いの内容を書面化しておけば、葬儀会社へ依頼する際も、料金面での相談や不明点の質問がしやすくなるでしょう。あったかいお気持ちのご家族様に見守られ、愛するペットは幸せな気持ちで天国へと旅立つことができるのです。

相場を調べておく

日常の中で、ペットの葬儀経験をすることはほとんどないと思います。そのため、葬儀にかかる費用はどのくらいなのか?予想がつかない…という方も多いのではないでしょうか?確かにペット葬儀の費用は、動物の体重や火葬のスタイルによって変わりますし、各葬儀社によっても様々な費用設定がありますので、予想しづらいかもしれません。

ペットとのお別れがきてから慌てないためにも、相場をきちんと把握しておく必要があります。事前に複数のペット葬儀社からパンフレットを取り寄せる、ホームページを調べるなどして相場を知っておきましょう。弊社のホームページ上でも料金表を記載しておりますので一度ご覧下さい。大田区、世田谷区を始め、東京、神奈川、埼玉、千葉など首都圏でペット火葬をご依頼される方は是非ご参考にして頂ければと思います。

犬の死亡届について

犬以外のペット(猫・ハムスター・小鳥など)は、死亡時の届け出が義務づけられていません。しかし、犬に限っては法律で義務づけられています。その理由は以下の通りです。

死亡届を提出する必要性

犬を飼う場合、地域の役所に登録する必要があります。登録した際には「鑑札及び狂犬病予防注射済票」が必ず配布されます。その後愛犬が亡くなると、今度は死亡届を提出します。もし提出を怠った場合、まだ飼い犬が生きているという認識をされ、「集合注射の案内」や「注射の督促状」の送付が毎年送られてくることになります。きちんと死亡届を提出して、登録抹消を行って下さい。

持参するもの

必要書類は地域によって様々ですが、基本的には「犬鑑札」と「狂犬病予防注射済票」が必要となります。万が一紛失した場合は、市町村役場にきちんと連絡しましょう。窓口もしくは郵送での返却方法がございます。死亡届は市区町村役場のホームページからダウンロードでき、インターネットを通じての電子申請が可能な場合もあります。申請にかかる費用(手数料)は無料なので、とくに現金は必要ありません。

提出期限について

とくに期限は定められていませんが、ペットが死亡してから30日以内には申請するようにしましょう。悲しい気持ちのまま行動するのは大変かと思いますが、飼い主としてのマナーはきちんと守り、早めの提出を心掛けましょう。

24時間年中無休の弊社では、大切なペットを天国へと送るお手伝いをしております。ペットと共に過ごした思い出は、かけがえなのないものです。だからこそ、最期まできちんと見送ってあげることをおすすめします。大田区の他、世田谷区近辺でペット葬儀をご検討中の方は気軽にお問い合わせ下さい。

ペット火葬後の心のケアについて

飼い主の皆様は、ペットと大切な時間を過ごされてきたかと思います。愛情を注いできたペットほど別れが辛くなるものです。あまりのショックにペットロス症候群になる方もいらっしゃいます。

ペットロス症候群とは

ペットを失ったことによる精神的ダメージで、精神的・身体的不調に陥るのがペットロス症候群です。
疲労感、胃痛、不眠、食欲不振、過食、息苦しさといった様々な症状が現れます。
近年は核家族化やお一人様が増えたことでペットを心の支えにしている方が多く、ペットロス症候群になる飼い主様が増えているそうです。

まずは心の整理から

ペットが亡くなった直後は、なかなか現実を受け入れられません。最後のお別れをするためのお通夜とペット火葬を行って少しずつ心を整理していきましょう。
人が亡くなったときと同じようにお別れの儀式を行うことで気持ちに区切りがつくと思います。ペットが天国へと旅立てるように、気持ちを込めて供養してあげましょう。

悲しみを我慢しない

ペット火葬が終わったあとも、しばらくはペットのことを思い出して悲しい気持ちになってしまいます。
そんなときは我慢せずに泣きたいだけ泣きましょう。涙を流すことはストレス発散になります。
感情を表に出して思いっきり泣くと気持ちがすっきりします。
大切なペットを失った悲しみは、同じ悲しみを経験した人にしか分かりません。ペットを飼っている人やペットが亡くなった経験のある人が周囲にいる場合は、一緒にペットの思い出を話し、共感してもらうのもおすすめです。

ペット火葬 ペット火葬を行うことがペットロス症候群のケアの第一歩です。
弊社では、東京都を中心にペット火葬車による低価格のペット火葬を行っております。
365日24時間対応しておりますので、東京や近県地域でペット火葬業者をお探しの方は、是非弊社までお問い合わせ下さい。料金の詳細や出張エリアに関しましては、お気軽にご相談下さい。

ペット火葬の種類について

弊社は東京都大田区にあり、主に関東エリアを中心にペット火葬や移動火葬サービスを行っております。一口にペットの火葬と言っても、最近では様々なやり方が登場してきました。
こちらではそんなペット火葬の種類についていくつかご紹介したいと思います。

移動火葬

葬儀社が飼い主様のご自宅まで出向き、移動火葬車にて火葬を行う葬儀方法です。
ご自宅の近くや駐車場で火葬致しますので、ペットのご遺体を運ぶ手段のない方などにもおすすめです。弊社でもペット移動火葬サービスを行っておりますので、ご自宅の近くでペットとお別れをされたい方は是非ご相談下さい。

合同葬

近隣エリアで同時期に亡くなった他のペットたちと一緒に火葬するスタイルです。
遺骨はそのまま共同墓地や合同供養塔に納骨・埋葬されますので、個別火葬に比べると料金を抑えることができますが、火葬の立ち会いやお骨上げはできません。
骨壷をご用意される場合や、分骨をご希望の方は他の方法をおすすめ致します。

一任個別葬(一任葬)

大切なペットのご遺体を葬儀社に一任し、個別に一体ずつ火葬してもらうスタイルを一任個別葬または一任葬と言います。ペットが火葬されるところを見たくないという飼い主様のために登場した葬儀方法です。遺骨は納骨・埋葬もできますし、返骨も可能です。

個別葬

亡くなったペット一体のみで火葬するスタイルで、個別葬または立会い葬とも呼ばれます。
葬儀社に一任するスタイルではなくご家族の方が最後まで立ち会えるため、ご希望であればお骨上げも可能です。遺骨は納骨・埋葬もできますし返骨も可能です。
日程やスケジュールなどが決めやすく、比較的自由度の高い火葬方法です。

ペットの葬儀方法は、他にも様々な呼び方やシステムで行われています。
弊社は365日24時間対応で、お客様のニーズに合った低価格なペット火葬をさせて頂きます。サービス対応エリアや費用については、お気軽にお問い合わせ下さい。
ペットとご家族の方にとって最も幸せなお別れになるようお手伝い致します。

移動火葬のメリット

ペットを亡くしたときの悲しみのショックはとても大きいものです。
しかし、家族同様に暮らしてきたからこそきちんと火葬して供養してあげたいと考えることでしょう。ペット火葬の方法には様々な種類がありますが、弊社では移動火葬を行っております。サイクロン式火葬炉を搭載した移動火葬には様々なメリットがございます。

自宅でお見送りをすることが可能

移動火葬のため自宅までお伺いします。よって、身体の不自由な高齢者の方やお家を留守にできない方、遺体を運ぶ手段がない方にも安心です。家族皆で揃ってお見送りすることができ、親しい近所の方やペット友達も一緒にお見送りすることができます。
慣れ親しんだ場所で、皆でお見送りしてもらえることはペットにとっても安心することではないでしょうか。

時間を選ばず火葬できる

火葬場では営業時間に縛られているため、決まった時間に火葬するしかありません。
しかし、移動火葬の場合は24時間体制で火葬が可能です。これなら、飼い主様の都合によって火葬することができます。

小さなペットでも安心

ハムスターやリス、鳥、ウサギやフェレットなど小さなペットを飼っていらっしゃる方も多いでしょう。
移動火葬はそんな小さなペットにも対応しておりますので安心して火葬することができます。また、お骨の状態が気になるかとは思いますが、サイズは小さくともお骨はしっかりと残るので心配いりません。

ペット火葬のことでしたら弊社へご相談下さい。心を込めて天国にお見送りするお手伝いをさせて頂きます。移動火葬サービスも行っていますのでお気軽にお電話下さい。
最新式のサイクロン式火葬炉を搭載した移動火葬車にて訪問させていただきます。

また、低価格の料金設定になっておりますので費用が心配という方も安心してご利用頂けるかと思います。サービスエリアは大田区、世田谷区を始めとする東京23区、神奈川、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県となります。

飼う前に知っておきたい動物の平均寿命

ペットを飼われているご家庭は、とても多いです。一緒に暮らすことで安らぎを与えてくれると、家族の一員のように可愛がっていると思います。なかには、これからペットを飼いたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

その際に大切なのは、飼われる動物の寿命がどれくらいなのかを予め知っておくということです。動物の世界においても医療技術は発達していますから、昔に比べれば寿命は延びてきています。それでも人間に比べれば、生きられる命は短いものです。

「ペットロス症候群」という言葉があるように、ある日突然ペットがいなくなってしまうことで深い悲しみと喪失感に襲われることもあります。動物の寿命という知識を持っておくことで、ペットロス症候群のような症状を少しでも軽減できるかもしれません。

犬の平均寿命は

ご存知だと思いますが、人間の1年と動物の1年の大きさは異なります。
人間にとっては1年の長さでも、動物にとっては、その何倍もの年月になります。
例えば犬なら最初の1歳が、人間でいう18歳。2年目以降は4歳ずつ年をとります。
同じ犬でも小型犬や大型犬などによって若干異なり、小型犬なら15年前後、大型犬なら10年ぐらいとされています。

猫の平均寿命は

猫も同じく、人間とは1年の重みが異なります。時間の計算については諸説ありますが最初の1歳が17歳、2年目以降は4〜5歳ずつ年をとるというのが一般的な考え方とされています。
猫については飼い猫と野良猫で平均寿命が異なり、飼い猫のほうが比較的長生きするとされています。

その他の動物

これまでは犬や猫を飼うことが主流でしたが、近年ではうさぎやハムスター、小鳥、フェレットなどをペットとして飼うご家庭が増えてきています。小動物や小鳥と言えど、家族の一員には変わりありません。はじめは気軽な気持ちで飼ってみたものの、いざいなくなるとペットロス症候群になってしまう方も多いです。

なお、うさぎの平均寿命は6〜8歳、ハムスターは2〜3歳、小鳥は6〜10歳、フェレットは6〜8歳と考えられています。ペットが天国へ旅立ってしまった場合、悲しい気持ちも分かりますが、飼い主の最後の務めとしてペット葬儀で天国まで送り届けてあげましょう。

弊社では、大切なペットが天国へ旅立つお手伝いを致します。大田区、世田谷区をはじめ、サービス対応エリアは関東一帯ですので、関東エリアでペット葬儀できるところをお探しでしたらまずはご相談下さい。
ペット葬儀の移動火葬車をご用意しております。年中無休、365日24時間対応しており、費用についても低価格料金で設定しております。

ペットの健康管理

ペットたちは、私たちに大きな安らぎと喜びを与えてくれる大切な家族の一員です。
そんなペット達が健康で長生きするためには、飼い主さんの健康管理が重要になってきます。
こちらでは、自宅でできるペットの健康管理について紹介していきます。

毎日観察する

普段の健康な状態を把握しておくことが、病気の予防と早期発見につながります。
ペットは身体の不調を言葉で訴える事ができません。また、犬や猫などは痛みを本能的に我慢し、飼い主に弱みを見せないようにします。そのため、飼い主が異変に気づいた時には、病気がかなり進行していた、ということも少なくありません。

ペットの小さな異変を見逃さないように、日頃からペットのことをよく観察し、健康な時の様子を把握しておきましょう。また、そうすることで、獣医師に健康時との違いや症状を詳しく話せ、より正確な診断にもつながります。

家庭でできる健康チェック

ボディチェック

散歩やスキンシップなどはペットとの信頼関係を深めるためにも大切ですが、週1度は全身をくまなく丁寧に触り、ボディチェックを行いましょう。汚れやニオイ、痛がる部分はないか、抜け毛や皮膚の色など、普段と違う様子をしっかりとチェックしましょう。

排泄物のチェック

健康状態は排泄物に表れやすいので、尿や便の色、ニオイなどに異変はないかチェックしましょう。

かかりつけの医師を探す

ペットがいつまでも健康にすごすためには、かかりつけの医師をを見つけておくことも大切です。また、普段の健康状態を知ってもらうことで、病気の予防と早期発見につながります。
何でも気軽に相談できるお医者さんをつくっておきましょう。

弊社は、亡くなったペットに対して葬儀を行うペット葬儀社です。
どんなに大切に飼っていても、死はいつか訪れます。
悲しみの中でも、家族の大切な一員だったペットを、最後まで安らかに天国へ旅立たせてあげたい、という想いでペット葬儀をさせて頂きます。

弊社のサービスの特徴として、ご近所への配慮も考えた移動火葬車にて24時間訪問対応、かかる費用もシンプルに、低価格の料金を設定しております。
大田区、世田谷区はじめ東京都や近県は無料で出張サービスしております。
どうぞお気軽にご相談下さい。

犬の老化について

大切にしている愛犬の衰えに気づくと、様々なことを考えるかと思います。今までのことが走馬灯のように巡り、愛犬と過ごした様々な場面を思い返すのではないでしょうか。 こちらでは、ずっと大事にしている愛犬とできるだけ多くの時間を送れるよう、犬の老化について紹介致します。

老化の兆候

・食欲がなくなる

愛犬が小さいときは、ガツガツと元気よく食事していたかと思います。しかし、年を取ると食事の内容や食べる量が変化してきます。 犬の様々な変化を見逃さないように、常日頃からよく見てあげて、食べ物の好みや食欲の変化などに気づいてあげましょう。

・あまり遊ばなくなる

手のつけようのないぐらいはしゃいで、様々なものに興味を示していた愛犬も、年齢を重ねると散歩をしてもすぐに疲れた状態になってしまったり、ボールなどで遊んでも興味を示さず、すぐにそっぽ向いてしまうことがあります。 その際は、無理のない刺激を与えるために好きなものを記憶させて探させるなど、興味の出そうな遊びを探してみましょう。

・睡眠状況が変化する

老化が進むにつれて睡眠時間のスパンが長くなり、家族の近くで寝るようになるなど睡眠に関する変化が現れるようになります。また、周囲が騒がしい状況でも寝ていることも多くなります。

病気を早めに見つけるために

愛犬とできるだけ長く生活していくためには、常日頃から愛犬と愛情あるコミュニケーションを図り、健康状態をチェックしてあげましょう。そうすることで、食事の量や内容、ウンチの状態などから異常のサインが見つかる場合もあります。 愛犬と一緒に過ごす人全員が犬に関する知識や病気に関する知識を共有しておくことで、早めの対応が可能となります。

弊社では、東京や近県地域で365日24時間受付のペット火葬サービスを行っております。最新式サイクロン搭載のペット火葬車でご訪問し、お客様のニーズに合った低価格の費用でペット火葬を実施致します。東京周辺エリアでペット火葬を検討されている方はぜひお気軽にご連絡ください。

猫の老化について

愛猫も人間同様、老化によって身体に衰えが現れてきます。できるだけ長く家族の一員である愛猫と一緒に過ごすためにも、老化のサインを見逃さないようにしましょう。

猫の年齢

猫の寿命は人間に比べるとはるかに短命で、一般的には10〜15年ほどと言われています。そのため老化のスピードも非常に速く、11歳を過ぎると高齢期に入り様々な老化現象が現れます。しかし、人間と同じく猫も歳の取り方はそれぞれ異なりますので、11歳を過ぎても衰えが少ない子もいます。

猫の老化現象

<身体的な変化>

・抜け毛が増える
・毛や皮膚が乾燥してツヤがなくなり白っぽくなる
・黒ずみやフケが目立ってくる
・目やにをつけたままにしている
・歯が抜けたり口臭がきつくなる
・爪が伸び放題で色も白く濁っている

<行動の変化>

・ほとんど動かず一日中眠っている
・グルーミング(毛づくろい)をしなくなる
・食事の好みが変わって今までのエサを食べなくなった
・以前はジャンプして上がれていた所に上がれなくなった
・トイレ以外の場所で排泄をするようになった
・理由もなく急に抑揚のない大きな声で鳴く
・飼い主様や家族の見分けがついていない

老化の兆しを見逃さない

老化が進むと、腎臓疾患や肝臓疾患、ガン(腫瘍)、尿石症、甲状腺機能亢進症、認知症などの様々な病気を患う危険性があります。このような病気へと進行させないためにも、先述したような老化のサインが現れたら早めに動物病院に足を運び検査を受けることをおすすめします。会話によって不調を伝えることのできない愛猫のためにも、毎日の健康チェックは欠かさず行うようにして下さい。

弊社では、東京都を中心にその近県へも出張費用無料でペット火葬を行っております。移動火葬車にて24時間いつでも受付・ご訪問させて頂きます。また、料金も非常に低価格で対応しておりますので、東京都や近県でペット火葬をお考えの方は一度ご相談下さい。

ペット火葬の前に注意したいこと

現代では、ペットに対してもお別れの儀式をする方が増えています。ペットも大切な家族の一員でもありますので、亡くなられた際はしっかりと供養したいと考えることは当然でもあります。ペット火葬を行う前には注意する点がありますので、こちらではペット火葬の前に注意する内容を紹介しています。

ご近所に報告をしておく

ペット火葬の場合は自宅の駐車場で行う場合もありますし、自宅から離れた場所で行う場合もありますが、専用の車でご自宅に伺いますので、突然の出来事で驚く方もいらっしゃいます。 ペット火葬に使用される車は、無臭・無煙であり、ダイオキシンを発生させないご近所のことも考えた設計となっていますが、執り行う前にはご近所の方に報告するよことも大切です。また、ご近所や友人を含め、ペットを可愛がってくれていた方にも報告するようにしましょう。

納棺できない物に注意

ペット火葬を行う際には納棺が不可となっている供物があります。ペット火葬に使用されている車は人の火葬設備よりも火力が強くありませんので、金属などが使用されている首輪などのアクセサリー類は外しておく必要があります。 金属以外にも溶けて燃焼しにくいプラスチック製品や水分を含んでいる食べ物、化学繊維が含まれている製品や保冷剤、燃えにくく厚めの本や濃い色の製品は納棺することができなくなっています。 濃い色の製品が禁止となっているのには、火葬した際に骨に色が移ってしまう可能性がある為です。ペットの骨を綺麗に残す場合はこのような製品は納棺しないように注意する必要があります。 納棺する供物を入れる場合は大好きだったおやつ、生花やお手紙、お写真などであれば、納棺することができます。ペットが亡くなられて悲しい気持ちになってしまうことは当然ですが、ペットを安心して見送る為には、上記の注意点を把握してペット火葬を行うと良いです。

東京の大田区周辺でペット火葬をご依頼される場合は、24時間対応している弊社にお任せ下さい。心を込めて家族の一員であるペットをお見送り致します。火葬の際に使用されている車には社名やロゴを入れていないので、ペット禁止のマンションや近隣でも安心してご利用できます。 料金に関しても低価格で行っていますので、費用を抑えてペット火葬を行いたいとお考えの方に便利です。また大田区だけでなく東京23区であれば出張も無料で行っていますので、大田区以外の方も是非ご利用下さい。

ペット火葬や供養をお考えなら

大切な家族の一員だったペットだからこそ、しっかりと見送りたい。そんな気持ちをお持ちのご家族様も多いと思います。人だけでなく、ペットとして飼っていた動物が幸せだったと思えるお見送りの場を弊社ではご用意しております。  ペット葬儀・ペット火葬をご案内しているところは弊社も含め、数多くございます。それぞれに独自のお見送り方法があり、どこで葬儀を行えば良いのか迷うところがあるかもしれません。

 

火葬施設に足を運ぶのか、もしくは移動火葬(火葬車)を利用するのかなど、どのような形で火葬を行いたいのかをまずは決める必要があります。最近では、移動火葬を行う葬儀社が増えてきました。弊社もその中の1つですが、時間効率や料金も良心的な低価格となっているので、費用面で心配する必要はありません。   会社理念にもございますが、パシフィックエンジェルという名前は、世界一大きな太平洋(パシフィック)の大海原に天使(エンジェル)と共に旅に出る、ペットちゃんの天国への旅路をお手伝いしたく命名しました。飼い主様の気持ちと一緒になって、心に残る旅立ちをお手伝いさせていただきます。

弊社は365日24時間受付、訪問可能となっており、可能な限り飼い主様のご希望に添える形で対応させていただいております。大田区を拠点としてペット火葬や供養を行っておりますが、移動火葬を行うことで大田区のほか、世田谷区、品川区、目黒区などの23区をはじめ、関東一帯の幅広いエリアをサービス対応エリアとしております。 ペット葬儀に関することでご不明な点、お悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。弊社に依頼して良かったと心から思って頂けるようなサービス提供を心がけてまいります。

ペット葬儀の豆知識

犬や猫の寿命は人間よりも短く、必ず別れが訪れてしまいます。ペットが安らかに天国へと旅立てるように、ペット葬儀を行う方が多くなっています。ペット葬儀は歴史が浅く、厳格なしきたりなどはありません。こちらでは葬儀の服装や火葬後のお骨の扱いなど、ペット葬儀の豆知識をご紹介します。

服装

喪服やスーツを着る必要はございません。派手な衣装等でなければ、いつもペットちゃんと接してた普段着のままでもよろしいかと思います。また、動物の毛皮を用いた服装も控えましょう。決まりがないといっても、殺生を連想させる服装は好ましくありません。友人のペット火葬に立ち会う際も、飼い主様のことを考えて喪に服す気持ちが大切です。

火葬の際にはペットが好きだったものや、花も一緒に火葬することで天国に旅立つ時も寂しくないようにすることができます。どんな花を選べば良いのか分からない時は、お花屋さんで相談してみて下さい。ペット葬儀であることを伝えると、適した花を見繕ってくれます。お花を添えてあげるというお気持ちが大切なので、特に花の種類や色など拘る必要もございません。お庭に咲いてるお花を添えてあげても構いません。また、ペット葬儀に参加する際にも、香典を持参するよりも花を贈ることが多いです。

お骨の保管

火葬した後のお骨をどうするかは飼い主様の自由です。合同供養塔に埋葬するだけでなく、自宅保管や自宅の庭や植木に散骨するという方法もあります。当社では、オプションでお骨をパウダー状に加工させて頂く粉骨も行っております。粉骨だとお骨のまま散骨されるよりも早く土に帰って、草木の栄養となってご供養できますのでおすすめです。ペットちゃんの思い出として、散骨場所に植物の種を植えるのもいいかと思います。お骨の保管期間も自由ですが、四十九日を区切りに納骨・埋葬する方が多いです。 最近では人間のお墓と一緒に納骨する方もいらっしゃいます。いつまでも大切なペットと一緒に眠りたいという方におすすめです。しかし家族ときちんと話し合って納骨しなければ、後にトラブルへと発展する可能性もありますので注意が必要です。

ペットは大切な家族の一員として大きな存在となっています。弊社では飼い主様の大切な愛犬や愛猫、その他のペットの火葬を承っております。移動火葬車を使っての火葬を行いますので、狭い住宅街でもすぐにお伺い致します。 大田区を中心に、東京23区、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県などの地域に対応しております。是非ご用命下さい。

ペットとのお別れの日のために

日本はペット大国といっても過言ではありません。皆さんの中にも今までに、犬やネコなどのペットを飼ったことがあるという方も多いと思います。 ペットを通して家族の絆が強くなったり、夫婦仲がよくなったりなど、色々と思い出があるのではないでしょうか。 しかしペットとのお別れの日は必ずやってきます。ペット葬儀の日に、もっと思い出を作っておけばよかったと思わないためにも、今から沢山の思い出を増やしてみてはいかがでしょうか。

出来るだけ一緒に散歩しよう

飼っているペットが犬ならば、休みの日や予定がない日には、出来るだけ散歩に連れて行きましょう。小学生の時にはよく遊んだけど、中学、高校になるにつれて愛犬とのコミュニケーションが少なくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ペットもきっと遊んでくれるのを待っているはすです。忙しいかもしれませんが、散歩には定期的に連れて行ってあげましょう。そうすることでペット葬儀の日には悔いなく、供養をすることができると思います。

思い出は写真に残そう

心の中だけに思い出を残すことも素敵だと思いますが、ペット葬儀の後に大好きなペットいなくなったことを実感してしまうと、必ず写真や動画が見たくなるものです。写真を見ることでその時の状況を思い出すことができます。楽しかったペットとの日々をいつでも思い出せるように、出来る限り写真や動画を撮るようにしましょう。

東京都大田区にある弊社は、24時間受付、訪問可能のペット葬儀サービスを行っております。移動火葬車で自宅や近隣にて火葬致しますので、ペットが慣れ親しんだ場所で供養することができます。 料金は低価格で設定しており、心を込めたサービスをご提供しております。大田区だけではなく世田谷区近辺で、大事なペットのペット葬儀をご検討されている方や費用などのご相談があるという方は、是非お気軽にお問い合わせ下さい。