ご依頼主様のブログ

パシフィックエンジェル代表の菅野です。

ネットで色々な調べものをしておりましたら、たまたま私が担当させて頂きましたご依頼主様のブログを見つけました。

私が心こめて対応させて頂いたことが、このように思って頂き、本当に葬儀社冥利に尽きます。

下記にブログをご紹介させて頂きます。

http://akawak.exblog.jp/24790414

(ブログ文章)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月8日  
愛犬のビーグル犬 ルルが旅立ちました。
享年17歳8か月(人間では90歳くらい)
最近 さすがに足腰が弱り
時々食欲ないこともあったけれど
前日の朝まで普通に散歩 食事を済ませて
自宅で留守番。
仕事から帰ったら なんだか様子がおかしい。
食事も全く受け付けず  ぐったりして
夜中に吐血して体調が急変しました。
翌朝6時 羽田着のフライトで出張から戻る主人に
一目会わせたいと ずっと声をかけて励まし続け
朝7時にご対面。
午前中 半休をとっていた主人とともに
動物病院の診察を受けましたが すでに
腎臓、肝臓不全。
その日の午後3時半 私の腕の中で
静かに息を引き取りました。

生前から いざという時に慌てないため
火葬の手続きを探して
内容を吟味して 2件ほど候補を選んでいました。
そのうち 結局お世話になったのは
パシフィックエンジェルさん
http://pacific.japan-web.jp/
(24時間受け付け、訪問、ペット移動火葬サービス)
電話でも心をこめて丁寧に対応していただき
どんなに助けられたことか・・・・

10日朝 自宅近くまで移動火葬車で訪問してくれたので
夫婦で最期のお別れができました。
ペットとはいえ 
子供のいない私達夫婦にとって娘の様な存在。
他人には絶対にわからない思いを
穢されないために 
お見送りできたことで 心が癒されました。

ありがとうルル
どうか 安らかにお休みなさい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大事なご家族を亡くされ、悲しみの中におられるご依頼主様を、私自身はどうやってお気持ちを癒されるお手伝いをさせて頂いたらいいかを考えながら対応させて頂いております。

私自身も、大事にしてた愛犬を亡くして、実際に移動火葬サービスを利用して感動したことにより、この感動を今度は私自身が皆様にさせて頂きたくこの業界に入ったので、飼い主様のお気持ちが手に取るようにわかるのです。

今後も、ご依頼主様にこのように思って頂けるよう頑張っていく所存でございます。

とにかく、ご依頼主様のご希望をお聞きしながら親切、丁寧な対応を心掛けております。

ルルちゃん、天国で安らかに・・・・・

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15319891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)